女の同性愛

人はみんな秘密を持って生きている

男性が4.9%、女性が7.1%。
この数字、一体何だと思いますか?

 

女の同性愛

 

実は2013年に1万4000人を対象に行ったアンケートで、自分は同性愛者だと答えた人の割合です。
ただ、例えアンケートでもそう回答する事に抵抗がある人も居るので、実際の数字は更に多いでしょう。

 

最近は同性愛者をカミングアウトする人が増え、同性愛を扱ったドラマやバラエティも放送されています。
しかし、まだ一般の人は同性愛についての知識が少ないのも事実。
レズビアンライフサポーターの牧村朝子さんが書いた「百合のリアル」は、そんな同性愛についての知識が得られる一冊です。

 

牧村さんは日本でフランス人女性と出会って婚約し、フランスで国際同性結婚をしました。
現在の日本の法律では同性同士の結婚が認められていないからです。
日本はまだまだ同性愛への偏見が強く、同性結婚に関する制度作りは進んでいません。

 

みんなと同じ=普通で正常。
牧村さんも以前はそう思っていて、「普通で正常」でいる為に意味のない努力をたくさんしたそうです。

 

女性を好きになった過去があり、男性とセックスしていても女性の体を思い浮かべてしまう。
そんな自分が怖くなり、存在を消したくなる。
そして、そんな気持ちを「今は少しおかしいだけ。努力すれば治る」と抑え込んでいたそうです。

レズの概念

牧村さんはレズを治そうと以下の間違った努力をしました。

 

●相性が合う人を見つける為、色んなタイプの男性とお付き合いする。
 その結果、自分がアバズレになった気がして自己嫌悪に陥る。
●「カッコつけて人と違う事をしたくて女性を好きになったファッションレズだ」と思い込む。
●男装して男言葉を使っても全くモテない。
●カウンセリングに通っても、女性カウンセラーに惹かれて悩みを相談出来ない。

 

こんな日々を繰り返し、牧村さんはやっと「女性が好きな女性でいいんだ」と思える様になりました。
すると、誰もが秘密・痛み・心の傷を抱えて生きている事に気づき、「普通で正常な人間」はどこにも居ない事が分かりました。

 

自分を演出する事をやめ、「普通で正常」という仮面を外して心を開けば、相手も心を開いてくれます。
「周りはみんな普通で正常」という思い込みもやめ、人それぞれ何かを抱えて生きていると知った時、世界がぱあっと明るくなるでしょう。

同性愛のきっかけやメリット

女性はヘテロセクシャル、ホモセクシャル、バイセクシャルの3種類に分類されます。
ヘテロセクシャルは男性が好きな異性愛者、ホモセクシャルは女性が好きな同性愛者、両方好きなのがバイセクシャルです。

 

一昔前の日本では、同性が好きなんて発言はタブーでしたよね。
最近は異性結婚が認められている外国の様に徐々にオープンになって来ました。
では、同性愛者が同性と付き合い始めたきっかけや、同性愛のメリットとは何でしょう?

 

○Aさんの場合

物心ついた頃から女性に興味がありましたが、高校生の時にふざけて女友達とキスをして、やっぱり自分はそうなんだと確信しました。
親にも友達にも話せず、そのまま社会人になって1人暮らしを始め、職場で出会った女性に恋をしたんです。
でも彼女は職場の男性陣に人気で、女の私に勝ち目なんてある訳ないと諦め、友達として接していました。

 

そんなある日、2人きりで残業していた時に突然キスされました。
心臓が高鳴りましたが、きっと高校時代の友人の様にふざけてしたんだと思いました。
自分の気持ちを悟られない様に笑いで済ませようとした所、彼女が悲しげな表情をしたんです。
そこでお互いの気持ちを知り、お付き合いを始めました。

 

女同士で付き合うメリットは、一緒に居ても怪しまれない事ですね。
異性なら会社以外で一緒に居る所を同僚に見られたら付き合っているのかと思われますが、同性ならただの友達で済みます。
誰の目も気にせず、いつも一緒に居られて最高です。

 

まだ家族や友達に紹介する勇気はありませんが、今はとても幸せです。

お気に入り

ペニス増大サプリランキング そのサイトはヤラセです【証拠画像付】・・・・ペニス増大サプリを照会してるサイトです。女性の同棲愛でもペニス増大サプリを使うとクリトリスが肥大して気持ちがよいといいます。